日記

NHK朝の連ドラ

投稿日:2015年4月5日 更新日:

NHK連続テレビ小説は「ゲゲゲの女房」から見はじめた。
ただ、「てっぱん」は何故か見ずに、その後の「おひさま」からは欠かさず見ている。

先週、「マッサン」が終了した。
亀山エリーを演じるシャーロット・ケイト・フォックスの演技力に魅了された。

欧米人は表情が豊かだ。
気持ちや感情を、細かいしぐさや表情、そして体全体で表現する事がうまい。
日本人には真似のできないことだと思った。

そして最後は徹底的に泣かさた。

[ad#ad-1]

「まれ」がスタートした。

ヒロインが土屋太鳳に決定したとき、彼女は花子とアンで花子の妹「もも」を演じていた。
地味で少し暗い役だったが、「かわいいこだな~」と思いながら観ていた。

今回の「まれ」では元気で明るい役のようだ。
このほうが彼女には似合っているだろうと、今後の展開が楽しみだ。

希の母役を常盤貴子が演じている。
常盤貴子で思い出されるのは、1993年にフジテレビ系で放送されたテレビドラマ「悪魔のKISS」だ。

このドラマでは、ヌードを披露し話題になった。
しかし当時20歳の彼女を見て、そんなにかわいいこじゃないな~と思った。

ところが、「まれ」で42歳になった彼女を見て、きれいだな~、本当に常盤貴子?とびっくり!
女優だからいくらかは整形しているんだろうけど・・・。

[ad#ad-2]

BSプレミアムでは、「あまちゃん」再放送が始まる。
“じぇじぇじぇ”は流行語大賞を獲得。
また“あまロス”なんていう言葉も生まれた。

-日記

Copyright© Rock 1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.