日記

紙芝居

投稿日:2015年6月7日 更新日:

先日、孫に絵本を読んであげようかと図書館の中を歩き回っている時、ふと目に留まった物が・・・
「紙芝居」だ。

私は、幼いころの記憶があまりなく、紙芝居を観た覚えも無い。
ではなぜ紙芝居に目が行ったかというと、朝ドラの『ゲゲゲの女房』の中で、上條恒彦が演じる杉浦音松という紙芝居師を思い出したからだ。

もしかして、孫に紙芝居をやって見せたら喜ぶんじゃないかと思い、物色。

重機が好きな孫にピッタリなのがあった。
「ブルドーザーのブルくん!」という紙芝居だ。
ブルドーザーやバックホー等が出てくる。
それからもうひとつ、「はなさかじじい」を借りることにした。

紙芝居

火曜日。
孫が来た。
孫は毎週火曜日と金曜日に来る。

さっそく紙芝居をやって見せた。
重機好きなだけあって「ブルドーザーのブルくん!」には興味津々。
私の紙芝居を食い入るように観ていた。

一方、「はなさかじじい」もじっと観ていたのだが、ストーリーがよくわからないようだ。
3歳児にはちょっと無理かな。

その後、「三びきのこぶた」と「かさじぞう」をやってみせた。
やっぱり解ったような解らないような・・・

まぁ、わたしが楽しんでいる部分もあるので、これからも続けていくつもりだ。

-日記

Copyright© Rock 1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.