日記

朝茶は災難よけ

投稿日:2015年3月22日 更新日:

“いなか村”から道路の側溝工事を受注した。

ちょうどそこには一軒住宅があり、工事期間中は車の出入りができなくなるので、工事に取り掛かる前に、そのことを相談するべく挨拶に伺った。

70代半ばの男性が一人で住んでおられ、そのことについて相談すると、近くの駐車場を借りるから心配はいらないとの事。

工事は2週間程度かかるので、大変ご不便とご迷惑をかけるのだが、文句のひとつもない。

それどころか、工事に使う材料などは駐車場へ置いても構わないと仰ってくれる。

[ad#ad-1]

お言葉に甘えながら迎えた工事初日の朝。

現場に到着すると御主人が玄関から出てきて、朝茶を入れたからぜひ飲んでくれとベランダに案内される。

私が遠慮すると、「朝茶は災難よけなので飲まなければいけない」と仰る。

私は朝起きてから出勤までに、毎朝500cc~1リットル近く緑茶を飲む。

そのくらい緑茶好きなのだが、「朝茶は災難よけ・・・」という言葉(ことわざ?)は知らなかった。

その日から毎朝、入れていただいた「災難よけの朝茶」を頂いてから工事を始めている。

[ad#ad-2]

-日記

Copyright© Rock 1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.