日記

虚像の道化師―ガリレオ7/東野圭吾

投稿日:2015年3月29日 更新日:

ガリレオシリーズ第7弾、短編が4作収録されている。

【第一章 幻惑す(まどわす)】
ビル5階にある新興宗教の道場から、信者の男が転落死した。教祖は相手に指一本触れないものの、自分が強い念を送って男を落としてしまったと自首してきた。教祖の“念”は本物なのか? 湯川は教団に赴きからくりを見破る。

「オ○○なんとか教」を思い出しながら読み進めました。
しかし・・・、女は常にふてぶてしく、男は常におバカなんだな~。

【第二章 心聴る(きこえる)】
突然暴れだした男を取り押さえようとして草薙が刺された。逮捕された男は幻聴のせいだと供述した。そして男が勤める会社では、ノイローゼ気味だった部長が少し前に自殺し、また幻聴に悩む女子社員もいた。幻聴の正体は・・・。

湯川学に「怠け者」とされた北原刑事がいい味出してます。

[ad#ad-1]

【第三章 偽装う(よそおう)】
大学時代の友人の結婚式のために、山中のリゾートホテルにやって来た湯川と草薙。その日は天候が荒れて道が崩れ、麓の町との行き来が出来なくなる。ところがホテルからさらに奥に行った別荘で、夫婦が殺されていると通報が入る。草薙は現場に入るが、草薙が撮影した現場写真を見た湯川は、事件のおかしな点に気づく。

ラストでみせる湯川の粋な計らいには涙が出た。

【第四章 演技る(えんじる)】
劇団の演出家が殺された。凶器は芝居で使う予定だったナイフ。だが劇団の関係者にはみなアリバイがあった。湯川は、残された凶器の不可解さに着目する。

私達は常に“自分”を演じながら生きている。
特に女性は、化粧や衣装で演技に更なる幅と厚みを持たせながら・・・。
したたかに・・・そして大胆に・・・。

[ad#ad-2]

-日記

Copyright© Rock 1 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.